20年前不登校だった私が体験談を語るブログ(仮)

「行きたくない」を「生きたくない」に置き換えて

「そんなに親を悲しませて何がしたいの?」という不思議な質問が凄い腹立つ ~不登校になった直後の事~

不登校になった直後、一番気がかりだったのは自分の事ではなく「我が子が学校へ行かない」という青天の霹靂が受け入れられず錯乱状態になっていた母親の事でした。

母親は、学校へ行かなくなった我が子を前に、錯乱状態で毎日毎日自分を責めていました。

その動揺ぶりは、不登校という世間の常識から逸脱した行為を行っている私ですら(常軌を逸してるな・・・)と思うほどで(もしかしたら母親はこのまま自殺するんちゃうかな)とも思いました。

うちは戸建で2階に自室を与えられていたので、基本的には1日中自分の部屋に居ましたが、母親の事が心配で、夕方になると必ず1階まで音を立てずに降りて行き、リビングの電気が点灯しているか否かで母親の生存確認をしていました。

 

ある日の夕方、リビングを覗くと

普段は電気が灯っているはずの家中が真っ暗

ヤバイと思った私は母親の捜索開始

暗闇で耳をそばだててみたところ、お風呂場付近からシクシク・・シクシク・・というすすり泣くような声が・・・

脱衣所を覗き込んだら、閉め切っている真っ暗なお風呂場の扉の向こうにどうやら母親がいる模様。

(とりあえず声で生存確認出来たけどお風呂場で泣くってどういう心理状態・・・これはこれで怖い。)

とビビりながらもお風呂場の扉を開けたら、お風呂場の床にうずくまった母親が

「全部お母さんの責任なのどうのこうの(←忘れた)ごめんねごめんね」と言いながら泣いていて、その周りを当時飼っていた犬が心配そうにウロウロしていて、うわぁ・・と思ったけどまあ死んでなくて良かったよね、うん。なんて思いつつ呆然としていたら

最悪なタイミングで父親が帰宅。

 

一連の状態の私達を見た父が、私をリビングに連れ戻し、私に一言

 

「(みつまり)は何でそんなにお母さんを悲しませたいの?そんなに悲しませて何がしたいの?」

 

いや、お父さん・・・違いますそれは違いますお父さん、私がお母さんを悲しませたいなんて思ってる訳無いでしょ、むしろ自分の事より心配なんですよ、なぜそんな事を言うのですか?

ていうか私が学校に行かない事の何がそこまで悲しいのですか?具体的にどういったところが涙を誘う感じなんですか?不思議とか物珍しいとかずっと家にいるから邪魔とか目障りとかなら何となく分らなくはないんですけど、なんで「悲しい」のですか?

 

貴方がたは私が学校に行かないと言っただけでそうやって2人してなぜそんなに私を責めて悲しませるのですか?

 

3人しかいない家庭で、しかもこちらは子どもですよ

私があなたの目の前でこうして泣いたって、あなたは母親の味方でしょ

なぜいつもいつも母親の味方に付くのですか?

 

2対1でタッグを組んで絶対的に立場の弱い人を責めて、逆に、あなた方は何をしたいんですか?

 

答:学校へ行かせたい。

 

なにこの禅問答

この頃は、何かに憑りつかれたかのように「学校学校」という大人に囲まれこの世にこんな人間しかいないなら私はこの世では生きていけないなと本気で思っていました。

 

『学校へ行くことだけが生きる全てではない。』

そういう考えを持っている人がいる事、同じような経験をしてきている人達が、本当は沢山いたのだという事を知るのは、ここからずーっと先のお話。